スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の街

さてさて、久々に本の感想。

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る
有川浩さんのデビュー作でございます。
「自衛隊3部作」
といわれる第1作目になります。

宇宙から飛来した謎の柱。
これにより体が塩と化してしまう(塩害)世界。

「自衛隊」という言葉に惹かれて読み始まったのですが、
どちらかとゆーと
恋愛小説に近い
のかなぁ。
実際に自衛隊が戦うシーンはあまりなかったり。

前半で塩害による被害状況、そしてそれに対抗する様子を描き
後半で登場する人物の心境の変化や成長を描く

読み終わってスッキリするような仕上がりになっています。

秋庭が米軍のトムキャットを強奪(仕組まれてる訳ですが)して恋人の真奈に会いに来るシーン
これがカッコいい!
あとがきにも書かれてるんですが、完全に狙った構成になってますね。

3部作と銘打ってますので、
その後二つの作品、「空の中」・「海の底」があります。
機会があれば読んでみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の個人的感想ですが
「海の底」はガメラ2のレギオンヲを思い浮かべました。
「空の中」は・・・ネタばれになるので書きませんが
「空の中」のほうがちょっと好のみですかね~。
続編に「クジラの彼」がありますがべったり恋愛ものです(笑)

同作者の「図書館戦争」シリーズも面白いですよ。
ただし別館はベタ恋愛です(笑Ⅱ)

シミヤンさん、こんにちわ!

返信が遅くなってスミマセン。
ハードな男の世界を想像してたんですが、
途中からあれ?みたいな。
誰でも読みやすいと言えばそうなんでしょうけどね。
>恋愛もの
これもハードなものが好き・・・(爆)
プロフィール

@daigo

Author:@daigo
気軽にコメント残してくださいませ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
blogram
祭り参加ちう♪
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
モデラーなブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。