スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスリーン・ウォー

大戦前夜〈上〉―ポスリーン・ウォー〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)大戦前夜〈上〉―ポスリーン・ウォー〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/07/30)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


大戦前夜〈下〉―ポスリーン・ウォー〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)大戦前夜〈下〉―ポスリーン・ウォー〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/07/30)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


久しぶりにSFを読んでます。
地球戦線〈1〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)地球戦線〈1〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/10)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


地球戦線〈2〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)地球戦線〈2〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/11)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


地球戦線〈3〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)地球戦線〈3〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/12)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


最近読んでる本でございます。

残虐無比なポスリーン人の侵略に対し、力のない宇宙人「連邦」はポスリーン人と同じくらい好戦的な地球人を味方に引き込みます。そして、ポスリーン人の侵略は地球にもおよぶという、とっても迷惑な話。

面白いのは、現代をベースとして書かれているということ。アメリカやNOTO・中国といった軍隊に加え、日本の自衛隊(ちょっとだけど)も登場してきます。
ポスリーン人の兵器に対し全く抵抗できない地球人は「連邦」の技術を取り入れ新兵器を開発、ラプターより強い戦闘機や第二次大戦に使われた戦艦が改造されたりと。そしてお約束(?)の「コンバートスーツ」です。

宇宙空間を旅してくる技術を持ちながら、なぜか間抜けなポスーリン人がちょっとお茶目♪

作者は陸軍にいた経験を持っている方ですので、話も地上戦が中心。
その辺は今後どうなるかわかりませんが。

地球戦線〈4〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)地球戦線〈4〉―ポスリーン・ウォー〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2011/01)
ジョン リンゴー

商品詳細を見る


こちらが、最近出た「地球戦線」の最終刊。

ちなみに、このシリーズは全4部作(地球戦線は第2部)。
次の展開が楽しみですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

どうも。

パワードスーツと言えば宇宙の戦士を思い出します。
しかし、表紙の絵がマシーネンクリーガーっぽいですね。

さっきーさん、こんにちわ!

>宇宙の戦士
そうなんですよ、スーツと言えばこれ!みたいな。
やっぱり影響は大きいでしょうね。
>マシーネン
この辺はよくわからんのですが、根強い人気があるみたいですね。
塗り方なんかすごく参考になりますですよ。

No title

面白そうですね(^-^)/
僕も一昔前はSF読んでましたよ( ̄^ ̄)ゞ
田中芳樹さんの【銀河英雄伝説】や
少し前だと、冲方丁さんのマルドゥックスクランブルが
面白かったです♪(´ε` )
機会があったらポスリーン・ウォー読んでみないと
いけませんね( ´ ▽ ` )ノ

さっちんさん、こんにちわ!

昔(25年位前)は、朝日ソノラマ(背表紙が緑色のやつ)のSFが大好きで、本棚一杯ありますた♪
冲方丁さんの「天地明察」は一度読んでみたいと思ってます。

>ポスリーン・ウォー
読みやすい本だと思いますので、お勧めでございます(*^^)v
プロフィール

@daigo

Author:@daigo
気軽にコメント残してくださいませ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
blogram
祭り参加ちう♪
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム
モデラーなブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。